インテリアでわかる経済学

人気記事ランキング

ホーム > ニキビ > ニキビを予防するための正しい洗顔の仕方

ニキビを予防するための正しい洗顔の仕方

ニキビ予防で大切なのは、毎日の洗顔です。ニキビのできる原因は、過剰な皮脂の分泌や角質が厚くなって毛穴が詰まってしまうことにあります。ですから、過剰な皮脂の成分を洗い流し、厚くなった角質を取り除く効果のある洗顔は、ニキビを予防する上で、必要不可欠です。

洗顔料を利用する際には、弱酸性で素肌に対して負担がかかりにくい物であること、そして、着色料や香り成分といった不必要な添加物が極力使われていないものを使うように心掛けましょう。

人間の肌はもともと弱酸性に保たれていますから、弱酸性の洗顔料は肌のPH値を乱しません。

それでは、正しい洗顔方法をご紹介します。

まず、洗顔料で洗う前にぬるま湯で下洗いをしましょう。

温度は34度~28度くらい。

この下洗いで7割の汚れは落ちると言われています。

下洗いが終わったら、洗顔料を手にとって泡立てましょう。

手でよく泡立たない時は、専用の泡立てネットを使ってクリーム状になるまで泡立ててください。

そうすることによって、細かな泡の粒子が毛穴まで入り込み、ニキビの原因となる皮脂や汚れをきれいに取り去ってくれますし、洗い流す時もスッキリ洗い流せます。

洗顔で注意したいのは、絶対にゴシゴシとこすって洗わない事。

そんなふうに洗うと肌が荒れる原因になったり、はがれた角質が毛穴に入り込んだりして、新たなニキビの原因にもなってしまいます。

優しく洗ったら、肌に石鹸成分が残らないようにしっかり洗い流しましょう。

肌に残った洗顔料も肌荒れや新たなニキビの原因になります。

すすぎ時間の目安は2~3分が良いと言われています。

すすぎが終わったら、清潔なタオルで水気を拭き取りましょう。

この時もゴシゴシとこするのはNGです。

優しくポンポンと軽く叩くような感じで拭いてくださいね。

ニキビに役立つやってはいけないテクニック