インテリアでわかる経済学

人気記事ランキング

ホーム > 現金化 > 取引履歴も関係のないクレジットカードの現金化

取引履歴も関係のないクレジットカードの現金化

お金を借りる場合、借金が多すぎると借り入れができないことがあります。

多重債務を避けるために、総量規制が欠けられたということも確かです。

年収の1/3までしか借入れをすることができない総量規制は、かなり厳しく行われます。

このような状態になってしまうと、借入れ自体ができなくなってしまうのです。

 

もうひとつ、審査の問題もあります。

借入れをするためには、必ず審査を受けなければいけません。

この審査には、さまざまな情報が対象となりますが、信用情報機関に対して情報を開示する請求をしていくため、過去5年にわたって金融機関との取引履歴を参考にされるのです。

そのため、条件によっては通らなくなることも珍しくありません。

 

クレジットカードの現金化の場合には、借金があっても関係はないところが重要です。

審査を受けることもありませんので、取引状況が関係してくることがありません。

借金をするわけではなく、ショッピング枠から利用することになるため、借金といっても性質が異なります。

取引状況は加味されることがありませんので、利用することができるようになるのです。

 

ショッピング枠には、実は総量規制が適用されません。

意外と知られていないことですが、こういった枠に規制をかけてしまうと、車や住宅の様に高額な商品は手に入れることができなくなるからなのです。

うまく利用することができれば、クレジットカードの現金化というのは、本当に助かる手段になるということがわかるでしょう。


タグ :